【期間工の募集スタート!詳細はこちら】
👉入社祝い金最大20万円!初年度年収425万円以上!

期間工の仕事で欠勤をして怒られた話、絶対に休んでいけない理由とは?

工場ワークス

夏らしい暑い今日この頃。しっかりと体調管理をして期間工の仕事を乗り越えてきました

インフルエンザには今年も感染することなく、連続不感染記録26年を達成し満足のいく1年でしたね

職場では「またお前か・・・」という感じで毎年恒例でインフルエンザにかかって一週間とか休んでる期間工の方もいて苦労していたりします

普段から風邪を引きやすく体調を崩しやすい人を見ると、いつも自分を五体満足で人並み以上の健康体に産んでくれたり育ててくれた父や母に感謝です

冬になると具合が悪くなってしまったり、インフルエンザに感染してしまう人はいるのは仕方ないことだとは思うのですが

期間工で働く人の中には今年もインフルエンザの感染や風邪をひいて休んでしまって、しかも休んだことによって厳しく怒られてしまった、という方がいたので今回は期間工と健康について書いていきます

病欠で休んだら怒られるのが期間工の仕事?

とある期間工の仕事をしている方で風邪で休んだだけでものすごい怒られたという人がいました

「ここの会社の人は作業員がいきなり休んだ時にめちゃくちゃ厳しい。体調不良だからといって当日休んだら次に出勤した時に普通に怒られる

軽く注意されるなんて次元じゃなくて、休むことで皆が迷惑する!責任問題だ!みたいな言い方だよ

そんなに気を付けてたって体調不良なんて起きるし、事前に体調不良が分かって休みますなんて連絡できるはずないんだから仕方ないのにね

正社員はもちろん上司も今まで働いてきて一度も具合が悪かったり休んだことがないというのであれば納得もできるけど、絶対に健康のやつなんかないんだから」

期間工の仕事は体が資本です。そして大きな工場が一斉に動くので作業員がいなくなって、一部の工程が作業できないとなったら大変な事になります

期間工として何年も働いていて自分は身に染み付いているので、体調不良で自分の作業場に穴をあけたら怒られるのは当然と思ってしまった俺は少しおかしいのかなー?と考えたのですが期間工で働いている方の多くの意見が健康管理は自己責任といったものでした

  • 「体調管理にはうるさいのはどこの会社の人だよ。いきなり具合が悪くなって休んだら会社に迷惑がかかるんだからしっかりと自己管理をして万全の体制をとるべき」
  • 「そんな急に休んだぐらいで怒られたりするのは仕事ができないからじゃないの?それか何度も休んでいるとかさ、2年11ヶ月の満了の間に1回ぐらい欠勤したくらいじゃ絶対怒られない。たぶんこいつは普段から休んでたりしているんだろう」
  • 「毎日マスクしてるし手洗いもちゃんとして、朝昼晩きちんと3食食べて足りない分はサプリで補って睡眠もしっかりと取っているのに体調崩す時は崩すから」
  • 「3食きちんと食べてると言ってもしっかりと栄養バランスを考えて食べているのか?朝は菓子パン一個、お昼はらカップラーメンとかで食べてないのか?栄養バランスもばっちりの食事を摂って具合悪くなったのなら誰も文句は言わない。本当に体調管理のための努力をしてるのであれば休んで怒られた時に弁明してみればいい」

少しでも欠点があれば、それを理由に体調を崩したのだから休んだ人が悪い!というのが日本の社会では通ずるのかもしれません

定年まで無遅刻無欠勤で体調を崩さずに頑張れる人なんて全労働者の1%くらいだと思うのですが、それをわかった上で上司は休んではいけない、体調管理は絶対だと言っていたりします

期間従業員には代わりはいない!だから休めない

以前に班長の方が体調不良で休んだり早退しているのを繰り返す期間従業員に次のように熱弁しているのを聞きました

「この仕事は皆で時間を合わせて各自の作業をする。工場全体で動くのだから作業員がいないなんてのは大問題

体調管理をしっかりとして出勤してくることが出来ないのなら他の仕事をした方がいい。この仕事は代わりがいないのだから」

誰でもできる仕事、代わりなんていくらでもいるというのが期間従業員だと卑下していた自分には「代わりがいない」というのは衝撃的な言葉でした

誰も出来る仕事なんだから休んだら代わりに誰かやってくれればいい、は通じなくて作業員がいなくなったら工場全体が動かなくなる、後で頑張って働いて取り戻すなんて出来ないのです

例えば作業員が1人休んだくらいなら何とか対応できますが、職場の人が集団で具合悪くなって、1つの工程が作動しないのなら大問題なんですね

それからは絶対に休んではいけない、体調管理を万全にしておくのが重要だと気づかされましたね

でも人間はロボットではないのだから体調が悪くなる時もある、そこでどうすればいいのかを考えたので続きで書きます

健康で毎日出勤するだけでも素晴らしい人材になる

とにかく体調管理をしっかりとしておくことは第一前提です。逆にしっかりと健康を保って仕事場に行ければそれだけでも十分に価値があるという考え方も出来ます

「仕事が多少遅れたとしても健康で休まずに毎日出勤して働いてくれるというのはそれだけでも価値があると思う

逆に仕事が優れていたとしても、すぐに具合が悪いとかで休まれると一緒に働く奴らが迷惑するし会社も困るよね」

「優れた上司ちゃんと休まずに働いてくれる期間工を評価してくれてるよ

現場では休まれるってのが一番困るから。所詮は単純労働、肉体労働なんだから他の人の2倍も結果を出すなんて事はできないもの

言われたことをしっかりとやる人間が求められる」

「自分が従業員を管理する立場になれば急に休んだり、ばっくれられたりしたら、そこの工程の穴埋めがどれだけ大変かが分かるはず

自分たちの班で済ませられるならいいけど、対応できないと他の班に応援をお願いすることになるからかなり大変なんだよ

仕事が遅かろうが覚えが悪かろうが、とにかく出勤して休まないこと。これは期間工で働くのであれば覚えといた方がいい」

この意見を聞いて自分が上司で管理する立場だったら仕事の善し悪しと同じくらい、毎日出勤してくる健康な期間従業員の人はありがたいなと改めて思いました

作業が速くて正確、他の人より良いアイディアを提出できるとか作業員としての優劣にはいろいろあるけれど、最も重要なのは休まずに毎日出勤できることなのかもしれません

そのことを意識するだけでも普段の体調管理には気を付けるようになるでしょう

特に正社員になりたい方や長く期間工の仕事をしたい方には健康第一だと肝に銘じて頑張って欲しいですね

どうしても体調不良になって休む人は保険をかけておく

どうしても休まなくてはいけないくらい体調が悪くなる可能性は誰にでもあります

怒られたくない、社員登用試験に響かせたくないと考える人には体調管理を万全にしておいて、あとは普段の仕事で結果を出す事とコミュニケーションを取っておく事をお勧めします

同じように休んでも怒られる人とそうでない人には普段の仕事とコミュニケーション力の差があるからです

普段から仕事でミスばかりしている人が休んだ時は対応もそりゃ変わってきますよね

そしてコミュ力が高くて職場で上手く立ち回っている人も同じように休んでも何事もなかったように済んだりします

やっぱり仕事に限らず人生においてコミュ力ほど重要で便利なものはないなぁと感じました。コミュ力があれば仕事も楽できると前に記事にもしましたね

 

なんか期間工で働いてて休むことは重罪みたいな記事になってしまいましたが、1年に1回ぐらいなら休んでも大丈夫です

普段から仕事をきちんとこなしていないと1日でも休んだら大変な事になるかもしれませんが(笑)

FXで大きく負けて期間工の仕事を休みかけた話

最後に駄文を。ちなみに俺も具合が悪くて休みたいと思ったことあります

会社に行けないほど心身ともに疲れたのは、この前にFXでマイナス70万円ぐらいの損失を抱えた時でした

その時はそのポジション以外にも80万円ぐらい負けていたので、決済してしまうと1ヵ月の損失が150万ぐらいになってしまうんですね

「1ヵ月で150万円を失ったら、明日から日給1万円ぐらいの期間工の仕事なんかできない!」と配信中に叫びましたね

今後は期間工の仕事に支障を出さないように、FXでも勝ちまくり、負け額についても体調管理と同じようにFXの資金管理もしっかりしようと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。