勝ち組期間工のブログ

期間工の待遇を徹底比較!トヨタ・日産・スバル・ホンダなど大手自動車メーカーで働く期間工の年収・寮情報を紹介します

スポンサーリンク


トヨタ自動車期間従業員 募集!日給9,800円~11,100円!満了慰労金の総額3,064,800円


各自動車メーカーで働く期間工の寮、職場環境、社員登用などの情報 実際に働いた感想


期間工の入社祝い金って何?いつもらえる?どうして高いのか?

   

期間工になりたい人は「入社祝い金」という言葉をよく目にすると思います

期間工として入社するだけでもらえるのが入社祝い金です。その金額は3万円くらいならまだ納得できるのですが、入社祝い金が高い自動車メーカーになると35万円ももらえたりするんです

3~6ヶ月ほど働くだけでもらえる期間工の入社祝い金、調べてみると「なぜ入社するだけで35万円も貰えるのか?」がわかってきました

 

他にも

「入社祝い金の額から色んな企業の内情がわかること」

「入社祝い金がいつごろ振り込まれるか?」

など期間工になりたい人が気になる情報について期間工&期間工ブログ歴が4年目の自分が紹介していきます

 

 

期間工の入社祝い金が高い理由は?いつ頃振り込まれるの?

 

 

 

入社祝い金の質問についてよくあるのが「なぜこんなに高いの?」「入社祝い金はいつ頃に振り込まれるのか?」というものです

まずはなぜ期間工の入社祝い金が高いのか?を説明します

入社するだけでもらえる入社祝い金ですが、よくある派遣の仕事では数千円だったりクオカードだったりしますよね

しかし自動車メーカーの期間工として入社すると次のような高額の入社祝い金をもらえるんです

 

マツダ本社工場 40万円

トヨタ自動車東日本 20万円

日産 追浜工場 8万円

アイシンAW 15万円

日産車体九州 28万円

日産自動車九州 22万円

 

20~40万円と月給並みの給料がもらえちゃいますね

2017年5月現在の入社祝い金ですが、時期によって入社祝い金は前後したりします

それでも似たような高額な入社祝い金をゲットできてしまうわけです

入社祝い金が高い理由は単純明快!どの企業も期間工としての人手を欲しているので待遇を上げようと必死なんですね

募集して簡単に期間工の募集が殺到するのであれば入社祝い金なんて配りません

需要と供給が成り立っているので期間工が足りない企業はたくさんの入社祝い金を払って期間工を募集することになります

 

続いて入社祝い金がいつもらえるのか?についてです

期間工として働こうとしている人は金欠の人が多いようで給料や入社祝い金、選考会参加費(面接をするだけでもらえる手当て)がすぐにもらえるのか?を調べたりする人が後を絶ちません

入社祝い金がいつもらえるのかは各自動車メーカー、人材紹介会社によって違います

実働で8日後、入社した月の末日までにといった感じで早めに支給してくれる企業もあれば、1~2ヶ月後に支給と決めている企業もあります

ほとんどの企業が入社が確認できた日から10日後以内、入社日の月末、次の給料と一緒に支給するという事ですので、金欠ですぐにもらいたいという方の期待には応えられない状態ですね

 

あと注意して欲しいのは入社した段階で入社祝い金がもらえるのが確定するかどうかです

入社祝い金だから入社して次の日に仕事が嫌で辞めても貰えるのが正しいとは思うのですが、出勤をしばらくはして働かないとダメですよと規定がある場合があるからです

これらは入社する前の面接の段階できちんと確認をしておくようにしておきましょう

 

ちなみに人材紹介会社って何だよ?って人は下の記事を参考にしてください

 

期間工の応募は人材紹介会社を利用しないと最大で30万円も損をする!?

 

人材紹介会社を利用しないと絶対に損をすると断言します。気を付けてください

 

続いて入社祝い金から期間工の面接を上手にこなせる裏技について紹介します

 


スポンサーリンク


トヨタ自動車(TOYOTA) 【期間従業員 募集】

日給9,800円~11,100円!満了慰労金の総額3,064,800円

寮費無料!勤務地は愛知県の各工場!全国で面接会開催中!




 

 

期間工の入社祝い金が高い企業は採用されやすい?

 

 

 

「入社祝い金が高い企業は優秀な人材(若い人、資格がある人)じゃないと採用されない」

と勘違いをしてしまいそうですが、実は入社祝い金が高い企業ほど採用されやすいという特徴があります

先ほど紹介した入社祝い金が高い企業の例ですとマツダ、日産車体九州、日産自動車九州などですが、年齢が高めの人や期間工の仕事が未経験の人が多く入社できる企業として有名です

あとは三菱自動車も入社祝い金が高いですが30代以上の年齢の期間工が多く働いていたりします

 

入社祝い金が高い企業はそれだけ期間工を欲している、人手不足である可能性が高いので採用が甘かったりするんですね

ここで注目して欲しいのは入社祝い金が高い企業がなぜ人手不足か?という事です

多くの自動車メーカーの中で人が足りなくなるのは生産が間に合わないくらい忙しいとかではなく、単純に待遇が悪いからという事がほとんどです

マツダ、日産九州、三菱自動車と入社祝い金は高いのですが日給や満了報奨金・慰労金などは他の自動車メーカーよりも安いんですね

そのため6ヶ月以上とか長く働く人は目先の入社祝い金を狙うと損することになります

そういったことから入社祝い金が高い企業は短期(6ヶ月以内)で働いて辞めるのがコスパが良くて最善とされています

 

以上の事から入社祝い金を高い自動車メーカーは期間工として働きたいけど採用が上手くいかない人、短期で働く予定の人にはお勧めです

30代以降になると期間工の経験がないとなかなか採用がされないのですが、マツダや三菱は30歳を超えて未経験でも採用されやすいです

採用されて期間工としての経験を積めば40歳を過ぎてもトヨタ、ホンダ、日産などの大手自動車メーカーを筆頭に色んな期間工を採用している会社で採用されることが出来るんですね

もし自分が30代中盤で期間工の経験がない場合は入社祝い金が高い会社(採用されやすい会社)を選んで6ヶ月くらい期間工の職歴を身につけたら在職しながら他の期間工の企業の面接を受けて、より日給、満了金などの給料面が高かったり、寮の環境が良い会社に転職しますね

 

 

入社祝い金について不満が出ている事について

 

 

入社祝い金ですが期間工の間では不満が出る要素となっています

例えば人材紹介会社を利用して入社した人だけもらえる入社祝い金が数万とか10万円くらいあるのですが、知らずに入社してしまった人は損した気分になったりします

自分もその1人でした。スバル期間工には人材紹介会社を使わなかったので当時で5万円ほどもらえなかったですね

かなり悔しい思いをしましたね。ブログを通じて教えてもらい5万円があればいろいろできたなーと仕事中に考えたりしました

 

次に問題なのは入社祝い金が高い会社は長く更新して働いている期間工が損をしている感じになって働く気がなくなるという事もあります

先ほど書いたように長く働くのなら入社祝い金が高くなく日給や満了慰労金が高い自動車メーカーの方が稼げるんですね

わかりやすく言うと携帯電話の会社が乗り換えの方には大サービスするのに継続して使い続けているユーザーには「黙って何もしなくてもそのまま継続してくれるでしょ」といった感じでサービスが不足しがちなのと一緒ですね

 

 

個人的には期間工の待遇が上がったり、給料が良くなるのは大歓迎なのです

期間工として働ける自動車メーカーがたくさんあるので短期で働いた方が得という企業もあった方が選択肢が広がり色んな期間工の働きかたがあっていいですよね

長く働く期間工を大切にする自動車メーカーもあるので、長く働きたい人はトヨタ、デンソーを代表とする日給や満了慰労金がたくさん働くほどしっかりと上がる企業で働くようにしましょう

 




 

以上です

期間工の入社祝い金は大変魅力的ですが、目先だけを見ることなく自分がどんなふうに期間工として働いていくかを考えて行動するようにしましょう

短期で働く人にはメリットがあるのは事実ですので使い分けて楽しい期間工生活を過ごしましょうね


期間工.jp、Man to Man、日総工産など有名人材紹介会社の期間工求人が工場WORKSで比較が出来る!

スポンサーリンク


関東にある期間工の求人情報
スバルホンダ埼玉日野自動車日産横浜日産追浜
日産栃木日産車体湘南いすゞ自動車スズキ自動車

愛知県にある期間工の求人情報
トヨタ自動車愛知製鋼三菱自動車アイシンAW

関西にある期間工の求人情報
ダイハツ工業(滋賀・大阪・京都)マツダ自動車広島マツダ自動車山口

九州にある期間工の求人情報

トヨタ自動車九州日産自動車九州&日産車体九州ダイハツ九州

 - 期間工の仕事を始めたい人のための情報 ,